Welding of SANKYO三協製作所の溶接

  • HOME
  • 三協製作所の溶接

三協製作所の溶接部門は、2006年より半自動CO2溶接を中心に、
溶接加工を分野に進出致しました。
現在、アルゴンステンレス溶接、薄板メッキ鋼鈑溶接、メッシュ溶接等を行っています。

三協の溶接の歴史

  • 三協の溶接の歴史
  • 三協の溶接の歴史
  • 三協の溶接の歴史
1955年創業 金属プレス加工を中心に製造を始める。
2000年 NC鈑金加工分野に進出する。
2006年 半自動CO2溶接事業を新たに進出。フォークリフト部品関連を手掛ける。
1名の溶接人員でスタート。
2008年 メッキ鋼鈑溶接加工も開始。溶接ロボットを導入し、ZAM鋼鈑等のメッキ鋼鈑溶接も手掛ける様になりました。
2010年 TIG溶接を開始し、ステンレスアルゴン溶接加工を始める。
現在 8台の溶接機と7名の溶接男子で展開しております。

三協の溶接の技

  • 厚板は強固に溶接!
  • ステンレスは美しさを強調
  • 薄板メッキ鋼鈑は板厚0.8mmも溶接可能!
  • メッシュ同士も美しく溶接

今後の目標

「溶接の自動化と人の技術を複合させた溶接」

PAGETOP